月刊SVCK通信 vol.010

■ ━━━━━━━━━
□■ 月間SVCK通信
   vol.010 2010/10 ■
 ━━━━━━━━ ■□

先日、29日午後5時ごろ発生した地震に対して、気象庁は東北、関東、北陸、甲信の14都県に速報を出しました。

速報は最大予測震度5弱以上の場合に、震度4以上を予測した地域に出されることになっていますが、
この地震で震度5弱以上を観測した地点はなく、福島県の郡山市を始め、一部の市町村で震度4(マグニチュード5.8)が観測されたようです。

緊急地震速報の運用が開始されて今日でちょうど3年。以来一般向けの速報が出た地震は15回。
うち5回は実際の最大震度が4以下で、1回は体に感じない地震でした。

幸いなことに大阪での速報はありませんでしたが、
「考えよう 数秒間で できること」改めて考えてみる機会となりました。

*★*:;今月の内容;;:*★*

【1】携帯電話で速報受信
【2】小山町災害Vo報告
【3】災害等準備金

*★*:;;;*☆**☆*:;;*★*

━━━━━━━━━━━
【1】携帯電話で速報受信
━━━━━━━━━━━

今回の地震で、対応する携帯電話が一斉に速報アラームが鳴りました。速報のアラームは、マナーモードでも再生される機種もあり、静かなオフィスや電車内などで多くの人が驚いたようです。

NTTドコモは、2008年秋以降に発売された機種はほぼすべて対応しているが、それ以前の機種は事前に受信設定が必要なので、設定していないと届かない。

auは「サービスを知らないのに突然届くとパニックになるのではないか」と当初は初期設定がオフになっていたが、現在は事前の設定なしで受信できる機種と混在している。

ソフトバンクにおいては対応機種が一種のみ。設定をオンにしなければ届かない。

この機会に、自分の携帯がどうなっているのか、ぜひ確認してみて下さい。

━━━━━━━━━━━
【2】小山町災害Vo報告
━━━━━━━━━━━

9月8日の台風9号(熱帯低気圧)に伴う大雨被害により、静岡県の小山町に災害ボランティア本部が設置されました。

近隣市町からの募集のみでしたが、延べ活動者数は1700名を超え、主に個人敷地内の泥出し、家屋内の家具等の運び出し、家屋周辺の片付け、家屋内の消毒といった活動を行いました。

本部は、9月20日をもって閉鎖されましたが、現在は小山町社協のVCに引き継がれ、復旧作業を行っています。

━━━━━━━━━━━
【3】災害等準備金
━━━━━━━━━━━

今年も赤い羽根共同募金運動が10月1日から全国で一斉に始まりました。

共同募金運動は、社会福祉法の中で「目的は地域福祉の推進を図るため」と明確に規定されており、原則としては、都道府県を区域として実施していますが、
災害の発生等のために準備金も積み立てており、実際に災害が発生した場合には、この区域をこえた支援も行っています。

この災害等準備金は、災害救助法が適用された時、災害VCの活動費を支援してくれる唯一の資金源でもあります。
ぜひご支援とご協力をお願いいたします。


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0