平成20年度SVCK交流会報告(7/5) 参加者30名

災害ボランティアセンター受付シュミレーションの実施
●キーワードは「被災者中心」


災害ボランティアセンターとは?

スタッフ準備中

ボランティア待機中

受付開始

相談中

コーディネート中

工夫のおかげで混雑解消

実習生もがんばりました

非常食配給中

食べ方がわかんない?

今年の交流会は、災害ボランティアセンター(以降VCと表示)のシュミレーションを行いました。

参加者のほとんどが初心者ということもあり、最初に、少し簡単に平時のVCと災害時のVCの違いについて説明した後、災害VCのスタッフ役とボランティア役に分かれて、ボランティアの受付、ニーズの調整、オリエンテーションを実際に行ってもらいました。


スタッフ役には、まずリーダーを決めて役割分担をし、ボランティアを受け入れる準備をしてもらいました。同時に会議室をVCと見立ててレイアウトも考えてもらいました。




ボランティア役の人たちにも待機中に、災害VCにはどんな人が、どんな思いでやってくるのか考えてもらいました。





最初は、何が何だか訳がわからないうちにボランティアがどんどん受付に入ってきて、30人の大人が行ったり来たりうろうろと、アイ・あいロビーの会議室(災害ボランティアセンターという設定)内は、一時騒然となってしまいました。





役を交代して2回目ともなると、依頼票を順番に並べて必要な人数分付箋を貼ったり、受付で順番待ちをしている人に先に登録カードを渡して記入してもらうなど、さまざまな工夫をする余裕が出てきたようです。



シュミレーションの後は、非常食のお菓子を試食しながら、シュミレーションの感想を話してもらいました。

シュミレーションの本来の目的は、実際にボランティアの受付やコーディネート行ってみることで、災害VCのしくみを検討したり、被災者(特に要援護者と呼ばれる人たちの為に)どうすれば良いかなどを検討することですが...

まずは、災害VCの運営もボランティア活動も「被災者」が中心であるということを再認識する良い機会になったのではと思います。


今回、準備をさせていただきましたSVCKのメンバーも、シュミレーションに参加したことはありますが、開催するのは初めてでしたので至らない点はたくさんあったと思いますが、振り返りの時間に、参加者のみなさんからたくさんの意見をいただき、大変参考になりました。



来月(9/1)には、岸和田の浜工業公園で近畿府県合同防災訓練として災害ボランティアセンター運営シュミレーションが行われます。この機会に私たちも更に学習を積み重ね、マニュアル作成に役立てたいと思っています。


みなさんに配布した参考資料はこちらからダウンロードできます。
1.05MB

 


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0