ハイチ地震関連-災害ボランティアのあり方

2010/01/29  21:49:44

1月12日、カリブ海のの小国ハイチより大変悲しいニュースが届きました。
マグニチュード7の大地震、死者推計約20万人、被災者300万人(ロイター通信1/28)
死者の数だけなら過去にもっとひどい災害がありましたが、今回のように一国の首都が壊滅的な打撃を受けた例はあまりありません。

しかし、そんなニュースも日に日に報道の数が減ってきました。
阪神・淡路大震災から15年。「あの時感じた気持ちを、私たちは今も持ち続けているだろうか?」1月17日は、そんなことを改めて考えさせられる一日となったのではないでしょうか。

今年の1月17日は日曜日ということもあり、各地では、防災訓練や避難所体験を始め、講演会や写真展・資料展などのメモリアルイベント、神戸では、震災復興記念「みなとのもり公園」の開園式が開催されました。
和泉市でも、「第14回 防災とボランティア市民の集い」が開催され、NPO法人ゆめ風基金の八幡隆司氏より「災害時における障害を持った人たちへの支援」についての講演があり、地域ネットづくりや福祉避難所の課題についてとても勉強になりました。
SVCKとしては、メルマガ配信開始に伴い、参加者全員に会員募集のチラシを配布させていただきました。

大災害の悲惨さ、無力さ、怒りから生まれた強い願い、同時にあふれる優しさと温もりを感じた人の絆。
そんな思いを忘れない、国内外や次の世代に伝えていく、そして次の災害に備えることが、災害ボランティアの一つの形として定着してきたようです。


ハイチの支援活動報告によると2日目には各国からレスキュー隊やアメリカの海平が現地入りしていたのに、ほとんど活動ができなかったそうです。その理由というのが、治安が悪い(略奪)、交通の遮断(車が手に入らない)、そしてコーディネータがいないという3つの理由だそうです。

ハイチは、もともと政府がほとんど機能していなくて国連の平和維持活動ハイチ安定化派遣団(MINUSTAH)が何千人も派遣されていたんですが、地震発生当時、司令部には100~150人がいて、重要な会議をしていたということで、メンバー、特にトップの30数名が死亡、200以上行方不明(共同通信15日)
残ったのは兵隊ばかりで、いまだにまったく機能が発揮されていないようです。
国連の建物自体も倒壊してしまい、ロジスティシャンと言われる役目の人、いわゆる救援物資や支援者を管理、派遣するコーティネータがいない状態だそうです。

プロの集団でさえそんな状況ですから、15年前ボランティアが機能しなかったというのは仕方がなかったのかもしれませんね。

137万人という大勢のボランティアが全国各地から集まったあの時、実際のところ半数以上のボランティアが活動できず無駄になってしまったり、場合によっては被災地の復興を妨げてしまったというのが現状でした。
これは、ボランティアの調整や支援をする人、そしてその場所が不十分だった為と言われています。

以来、それを教訓に社協を始め、日赤、共同募金会、さまざまなNPOやボランティア団体が研修や訓練を積み重ね、災害時のボランティアのあり方について検討してきました。

■災害ボランティア文化

震災がつなぐ全国ネットワークより、震つなブックレットKOBEの検証シリーズ新刊『災害ボランティア文化~阪神・淡路大震災15年と震つな~』が、KOBEから15年の2010年1月17日、発刊されました。

災害ボランティアについて、その「文化」としての熟度、課題をボランティア自身の視
点から検証する一冊です。

詳細は震つな事務局のホームページをご覧下さい。
http://blog.canpan.info/shintsuna/archive/604

関連記事

  1. 忘れない。継続的な支援。困った時は、おたがいさま。
  2. 定例会報告3
  3. 南大阪のNPOチラシ集めまし展へ出展しました!
  4. CANPAN FIELDS のユーザーに登録しました
  5. 講座「ソーシャルメディア広報術」参加報告
  6. 桃山学院大学講師派遣報告
  7. 和泉市「防災とボランティア市民の集い」のご案内
  8. 平成25年元旦
  9. ボランティア・市民活動情報誌に紹介
  10. 定例会報告2
  11. 東日本大震災 被災地支援活動ボランティアバス & 被災地復興応援ボランティ
  12. パネル展示に参加
  13. 9月1日「防災の日」
  14. 泉南市社協より「親子防災講座」講師依頼
  15. 定例会報告
  16. 大阪880万人訓練
  17. NPO法人登記完了!
  18. 災害ボランティア情報アップしました!
  19. NPO法人申請手続き 経過報告
  20. 親子防災講座の講師依頼
  21. 東日本大震災災害ボランティアセンター報告書
  22. 第1回 ぼうさいカフェ開催報告
  23. ぼうさいカフェのご案内
  24. 和泉防災シンポジウムに参加してきました
  25. NPO法人設立総会開催のご報告
  26. 東日本大震災からまもなく1年が過ぎようとしています
  27. 泉南市で避難所運営ゲームを開催
  28. あけましておめでとうございます。
  29. SVCK閉会にあたり
  30. ホームページをリニューアルしました
  31. 市町村を越えたボランティア活動
  32. 災害時の情報発信について
  33. SVCK交流会報告更新しました
  34. 自主防災組織立ち上げの為の研修会に参加
  35. 福島県金山町災害VC支援活動について
  36. 平成23年7月新潟・福島豪雨水害について
  37. 和泉市内の避難所開設について
  38. 7月のSVCKについて
  39. 青葉台の防災勉強会に参加
  40. 災害ボランティア・NPO活動サポート募金
  41. 4月のSVCK報告
  42. 支援物資受付概要と注意事項を作成しました
  43. 桃大とのチャリティイベントについて
  44. 救援物資支援ボランティアのSVCKシフトが決まりました
  45. 災害ボランティア情報、及びメルマガを発信しました
  46. SVCK臨時連絡-救援物資の受付支援
  47. 3月のSVCK報告
  48. SVCKメルマガの発信について
  49. 災害情報に関するアンケート調査協力依頼
  50. 平成22年度 SVCK活動報告
  51. 2月のSVCK報告
  52. 災害情報アップしました!
  53. 災害時の情報発信について
  54. 1月のSVCKについて
  55. ボラフェス、研修参加いろいろ更新しました
  56. 災害情報アップしました!
  57. SVCK臨時連絡
  58. 残暑見舞い申し上げます!
  59. 22年度SVCK交流会のお知らせ
  60. アンケート実施報告と結果
  61. 5月のSVCK報告
  62. 4月のSVCK報告
  63. 音楽を購入して被災者救援を!
  64. 21年度活動報告
  65. 1月のSVCK活動報告
  66. ハイチ地震関連-災害ボランティアのあり方
  67. 新年のごあいさつ(平成22年)
  68. 11月のSVCK報告
  69. 10月のSVCK報告
  70. 緑ヶ丘女性消防より「緑ヶ丘ふれあい防災フェスタ」企画へのアドバイス依頼
  71. 9月のSVCK報告
  72. 8月のSVCK連絡
  73. 市障連勉強会報告(7/26)
  74. おつかれさまでした!
  75. 21年度交流会のご案内
  76. 4月のSVCK報告
  77. 防災学習センター見学会のご案内
  78. SVCK2月の報告
  79. 謹んで新年のお喜びを申し上げます
  80. SVCK12月の連絡事項
  81. 第10回和泉ボランティアフェスティバル参加報告
  82. 10月のSVCK報告
  83. 8月のSVCK報告
  84. 交流会報告アップしました!
  85. 岩手・宮城内陸地震について更新しました
  86. 20年度交流会のご案内
  87. 3月のSVCK報告
  88. おつかれさまでした!
  89. 新年明けましておめでとうございます
  90. (仮称)和泉ボランティア協議会 第1回交流会開催のご案内
  91. 桃大ボランティアビューローとの協働モデル事業にいついて
  92. 第9回和泉ボランティアフェスティバルに参加します
  93. 10月のSVCk報告
  94. 9月のSVCK報告
  95. 最近の更新情報について
  96. 行政との話し合い(第1回)
  97. 8月のSVCK報告
  98. 赤い羽根共同募金会のホームページが新しくなりました
  99. ロジスティック能力が緊急援助の成否の鍵を握る
  100. 7月のSVCK報告
  101. 過去の災害の教訓を活かしたボランティア活動
  102. 百人収容可能なテントを設置
  103. 新潟県中越沖地震情報更新しました
  104. 交流会の準備中!
  105. 19年度予定
  106. 18年度のまとめ
  107. 阿倍野防災センターにて
  108. 新年のごあいさつとお知らせ
  109. 12月のSVCK報告
  110. ボランティアフェスティバルのお手伝い募集!
  111. SVCK紹介用冊子とパネル作成
  112. メーリングリスト参加メンバー募集中!
  113. 5月のSVCK活動報告
  114. 災害支援ボランティア活動登録スタート!
  115. 災害ボランティア研修に参加してきました
  116. 災害時に求められるボランティア活動
  117. はじめに...


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0