ロジスティック能力が緊急援助の成否の鍵を握る

2007/02/21  21:33:45

【テレビ朝日「報道ステーション」より】

 新潟県中越沖地震から5日目。被災地では道路の復旧が進んでいるものの、車が集中して作業用車両が思うように動けない状態となっている。週末にはさらに激しい渋滞が予想されるため、災害本部では市街地への車両乗り入れの自粛を求めている。20日、一部の避難所にアメリカ政府から送られたクーラーが設置され、涼を取るための氷も運び込まれた。
 しかし、中心部から離れた避難所には、いまだに風呂も扇風機もなく、場所によって差が大きくなっている。被災地の雨は22日まで続く見込みで、家屋の倒壊や新たな土砂災害も予想されることから、被災地は不安な週末を迎えることになる。

 なぜ、せっかくの救援物資が倉庫に眠ってしまったり、平等に配布することができなかったりという状態になってしまうのか?

 放送の中の「日本は、ロジスティック能力が弱い、今回の地震における救援の対応もその例の一つである」というコメントが気になって調べてみました。

 ○ロジスティック=資源や物流を効率的に管理するシステム(光辞林)

 兵庫県災害医療センターのホームページに、イランバム地震の時の救援医療チーム活動報告が掲載されていました。
(2003年12月26日、イラン南東部の都市バムを中心に発生したM6.5の地震)

 以下抜粋

 アメリカを例にとると、医師7名・看護師13名に対して、総勢200名という大型のチームが派遣された。大半はロジスティック・アドミニストレーション担当である。このようにロジスティック能力が緊急援助の成否の鍵を握る。JMTDR(国際救急医療チーム)も今回の派遣では格段にロジスティック能力が高まり、医療スタッフはほとんど医療活動に専念できた。
 ボランティアベースの救急医学専門家や災害出動経験者を豊富に有し、研究・訓練が行き届き、資機材もよく整備されていても、ロジスティック能力が劣っていると全てが無駄になってしまう。無駄になるだけならまだ良いが、場合によっては状況を悪化させ、助けることができるはずの命を亡くす結果となってしまうこともある。

 大事なもの(医療の場合は、医師や看護師、医療器具等。今回の場合は救援物資やボランティア)を活かす為には、それを上回る多くの影の存在(ロジスティック担当者)が必要だということですね。
 行政は勿論、災害VCのスタッフというのはロジスティック担当者になるわけですから、そのロジスティック能力が緊急援助の成否の鍵を握るなんて言われると責任重大!
 ということで、ロジスティックの元となるマニュアル作り、気合入れましょう! 

 

関連記事

  1. 忘れない。継続的な支援。困った時は、おたがいさま。
  2. 定例会報告3
  3. 南大阪のNPOチラシ集めまし展へ出展しました!
  4. CANPAN FIELDS のユーザーに登録しました
  5. 講座「ソーシャルメディア広報術」参加報告
  6. 桃山学院大学講師派遣報告
  7. 和泉市「防災とボランティア市民の集い」のご案内
  8. 平成25年元旦
  9. ボランティア・市民活動情報誌に紹介
  10. 定例会報告2
  11. 東日本大震災 被災地支援活動ボランティアバス & 被災地復興応援ボランティ
  12. パネル展示に参加
  13. 9月1日「防災の日」
  14. 泉南市社協より「親子防災講座」講師依頼
  15. 定例会報告
  16. 大阪880万人訓練
  17. NPO法人登記完了!
  18. 災害ボランティア情報アップしました!
  19. NPO法人申請手続き 経過報告
  20. 親子防災講座の講師依頼
  21. 東日本大震災災害ボランティアセンター報告書
  22. 第1回 ぼうさいカフェ開催報告
  23. ぼうさいカフェのご案内
  24. 和泉防災シンポジウムに参加してきました
  25. NPO法人設立総会開催のご報告
  26. 東日本大震災からまもなく1年が過ぎようとしています
  27. 泉南市で避難所運営ゲームを開催
  28. あけましておめでとうございます。
  29. SVCK閉会にあたり
  30. ホームページをリニューアルしました
  31. 市町村を越えたボランティア活動
  32. 災害時の情報発信について
  33. SVCK交流会報告更新しました
  34. 自主防災組織立ち上げの為の研修会に参加
  35. 福島県金山町災害VC支援活動について
  36. 平成23年7月新潟・福島豪雨水害について
  37. 和泉市内の避難所開設について
  38. 7月のSVCKについて
  39. 青葉台の防災勉強会に参加
  40. 災害ボランティア・NPO活動サポート募金
  41. 4月のSVCK報告
  42. 支援物資受付概要と注意事項を作成しました
  43. 桃大とのチャリティイベントについて
  44. 救援物資支援ボランティアのSVCKシフトが決まりました
  45. 災害ボランティア情報、及びメルマガを発信しました
  46. SVCK臨時連絡-救援物資の受付支援
  47. 3月のSVCK報告
  48. SVCKメルマガの発信について
  49. 災害情報に関するアンケート調査協力依頼
  50. 平成22年度 SVCK活動報告
  51. 2月のSVCK報告
  52. 災害情報アップしました!
  53. 災害時の情報発信について
  54. 1月のSVCKについて
  55. ボラフェス、研修参加いろいろ更新しました
  56. 災害情報アップしました!
  57. SVCK臨時連絡
  58. 残暑見舞い申し上げます!
  59. 22年度SVCK交流会のお知らせ
  60. アンケート実施報告と結果
  61. 5月のSVCK報告
  62. 4月のSVCK報告
  63. 音楽を購入して被災者救援を!
  64. 21年度活動報告
  65. 1月のSVCK活動報告
  66. ハイチ地震関連-災害ボランティアのあり方
  67. 新年のごあいさつ(平成22年)
  68. 11月のSVCK報告
  69. 10月のSVCK報告
  70. 緑ヶ丘女性消防より「緑ヶ丘ふれあい防災フェスタ」企画へのアドバイス依頼
  71. 9月のSVCK報告
  72. 8月のSVCK連絡
  73. 市障連勉強会報告(7/26)
  74. おつかれさまでした!
  75. 21年度交流会のご案内
  76. 4月のSVCK報告
  77. 防災学習センター見学会のご案内
  78. SVCK2月の報告
  79. 謹んで新年のお喜びを申し上げます
  80. SVCK12月の連絡事項
  81. 第10回和泉ボランティアフェスティバル参加報告
  82. 10月のSVCK報告
  83. 8月のSVCK報告
  84. 交流会報告アップしました!
  85. 岩手・宮城内陸地震について更新しました
  86. 20年度交流会のご案内
  87. 3月のSVCK報告
  88. おつかれさまでした!
  89. 新年明けましておめでとうございます
  90. (仮称)和泉ボランティア協議会 第1回交流会開催のご案内
  91. 桃大ボランティアビューローとの協働モデル事業にいついて
  92. 第9回和泉ボランティアフェスティバルに参加します
  93. 10月のSVCk報告
  94. 9月のSVCK報告
  95. 最近の更新情報について
  96. 行政との話し合い(第1回)
  97. 8月のSVCK報告
  98. 赤い羽根共同募金会のホームページが新しくなりました
  99. ロジスティック能力が緊急援助の成否の鍵を握る
  100. 7月のSVCK報告
  101. 過去の災害の教訓を活かしたボランティア活動
  102. 百人収容可能なテントを設置
  103. 新潟県中越沖地震情報更新しました
  104. 交流会の準備中!
  105. 19年度予定
  106. 18年度のまとめ
  107. 阿倍野防災センターにて
  108. 新年のごあいさつとお知らせ
  109. 12月のSVCK報告
  110. ボランティアフェスティバルのお手伝い募集!
  111. SVCK紹介用冊子とパネル作成
  112. メーリングリスト参加メンバー募集中!
  113. 5月のSVCK活動報告
  114. 災害支援ボランティア活動登録スタート!
  115. 災害ボランティア研修に参加してきました
  116. 災害時に求められるボランティア活動
  117. はじめに...


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0