東日本大震災 被災地支援活動ボランティアバス & 被災地復興応援ボランティ

日程:ボランティアバス
    平成24年10月25日(木)~10月28日(日)車中2泊現地1泊
    ボランティアツアー
    平成24年10月26日(金)~10月27日(土)現地1泊

支援地:宮城県南三陸町
     南三陸町災害ボランティアセンター
     http://minamisanrikuvc.com/

主催:和泉市社会福祉協議会
協賛:いずみ市民生協、和泉市、ビオラ和泉

参加者:ボランティアバス32名、ボランティアツアー8名
     合計40名(男性19名、女性21名)

主な活動内容と報告

1.片付けボランティア隊
 海岸沿いや住宅地の側溝を片付けました。
 私は参加していませんので、南三陸町VCのブログをごらんください。
 http://blog.goo.ne.jp/minamisanrikuvc/e/68483745a63b4574b94e94be0bcdfcf8

2.炊き出しボランティア隊
 南三陸町VCの片隅をお借りして3種類の炊き出しを行いました。
 既に現地入りされていた府民生協の方たちとの合同で活動しました。

shinodaudon.jpg

 

 

 【信太うどん】 
 和泉市の名物をご披露しました。
 甘いおあげが好評で、レシピを持って帰られる方もいらっしゃいました。

 

 

 

akashiyaki.jpg 

 

 

【明石焼き】
 「西の明石、東の南三陸」と言われるくらい有名な蛸の産地である南三陸町に、たこ焼き以外のメニューをお届けしました。
 蛸はもちろん和泉タコを使用。

 

 

kirakirakanten.jpg

 

 

 【キラキラ寒天】
 和泉のみかんを使用して簡単なデザートを工夫してみました。
 
 

 

 

kouryu1.jpgkouryu2.jpg 

★炊き出しの前には、「くずのは物語」を大型紙芝居で紹介したり、食後の運動として歌体操を行ったりと現地の方や他のボランティアさんたちと交流

 ★2日目は、仮設住宅にある公民館へ訪問し、住民の方たちと一緒にテーブルを囲んでたこやきパーティーを...たこ焼きは有名でも、大阪のように自宅でたこ焼きを作るのは珍しいようでした。

3.経済支援ボランティア隊

 1日目は、東松島を視察、昼食後、夕方には南三陸町災害VCで合流、炊き出しの後片付けを手伝いました。

 和泉からの義援金をブログで(写真付きで)紹介していただきました。
 http://minamisanrikuvc.com/thanks.html

 2日めは、午前中、現地のガイドさんと一緒に南三陸町周辺を視察。

gareki1.jpg gareki2.jpg

 ガイドさんが「南三陸町のは津波の被害でまだまだ瓦礫がいっぱいの町という印象だけでなく、海産物豊かなとてもきれいな町であるということを知ってもらいたい」と、志津川湾が一望できる戸倉中学校や、神割崎という絶好の朝日の撮影ポイントであるキャンプ地なども案内してくださいました。

kamiwarizaki.jpg

 

 

 南三陸町観光協会
 http://www.m-kankou.jp/

 

また、他の地域でも問題になっている瓦礫の処分問題についてもいろいろ説明していただきました。

 

 

garekisyori.jpg

 ★9/15に県の震災がれき焼却施設が完成し、9/15火入れ式が行われました。この施設では1日当たり95トンを処理する炉が3基と、施設で使う電気の一部を供給する木質バイオマス発電焼却炉1基の計4基で、1日最大約300トンを処理。
 

 南三陸町で発生した震災がれきは、およそ37万トン。県受託分の震災廃棄物のうち、リサイクル可能な分を除く5万4600トンを2013年8月までに処理する予定。

 

 

18kyotokumaru1.jpg 18kyotokumaru2.jpg

午後は気仙沼まで足を延ばし、改めて津波の足跡を目の当たりにしました。
 切断されてしまった気仙沼線の残骸、報道で有名になった第18共徳丸、
 
 ※「第18共徳丸」は気仙沼湾で活躍していた巻き網漁船。
 全長60メートル330トンの巨体が津波にのって住宅などを押しつぶしながら港から約600メートル入った気仙沼鹿折桑原駅前まで流されて来たそうです。
 未だに下敷きになった車もそのままになっており、被災当時の状況が生々しく残っていました。

bousaityosya.jpg

 ★この問題は、南三陸町の町職員ら42人が犠牲となった町防災対策庁舎と同様で、保存か解体かで意見が割れています。
 「もう見たくないと思っている住民は多く、苦痛に感じている人がいる以上、早期に解体しなければならない」という一方で、津波の教訓として保存したいという意見もあり、180度違う要望で、どうすればいいのか…と判断に苦しんでいる。

 

 

 


 ico-hana.gif今回は、現在仮設集宅で暮らしている住民の生の声や、復興問題に携わっている現地のスタッフや語り部の方などの話を聞く機会がたくさんあり、改めてまだまだ復興の道のりは遠いことを実感することができました。

 参加したメンバーの中には、「2~3日現地に行くだけで何ができるだろう」「現地の人の重荷になるのでは」と思っていた人も多かったようですが、自分の目で見て耳で聞いて感じてくることは、間違いなく貴重な経験になったと思います。

 ボランティアバスの使命として、その経験を一人でも多くの人たちに伝えていくことが一番大切なのではないでしょうか。
 私たち和泉防災ネットワークは、地域の防災を考えると共に、これからも「被災地の為に何ができるのか」を考え続けていきたいと思います。

関連記事

  1. 忘れない。継続的な支援。困った時は、おたがいさま。
  2. 定例会報告3
  3. 南大阪のNPOチラシ集めまし展へ出展しました!
  4. CANPAN FIELDS のユーザーに登録しました
  5. 講座「ソーシャルメディア広報術」参加報告
  6. 桃山学院大学講師派遣報告
  7. 和泉市「防災とボランティア市民の集い」のご案内
  8. 平成25年元旦
  9. ボランティア・市民活動情報誌に紹介
  10. 定例会報告2
  11. 東日本大震災 被災地支援活動ボランティアバス & 被災地復興応援ボランティ
  12. パネル展示に参加
  13. 9月1日「防災の日」
  14. 泉南市社協より「親子防災講座」講師依頼
  15. 定例会報告
  16. 大阪880万人訓練
  17. NPO法人登記完了!
  18. 災害ボランティア情報アップしました!
  19. NPO法人申請手続き 経過報告
  20. 親子防災講座の講師依頼
  21. 東日本大震災災害ボランティアセンター報告書
  22. 第1回 ぼうさいカフェ開催報告
  23. ぼうさいカフェのご案内
  24. 和泉防災シンポジウムに参加してきました
  25. NPO法人設立総会開催のご報告
  26. 東日本大震災からまもなく1年が過ぎようとしています
  27. 泉南市で避難所運営ゲームを開催
  28. あけましておめでとうございます。
  29. SVCK閉会にあたり
  30. ホームページをリニューアルしました
  31. 市町村を越えたボランティア活動
  32. 災害時の情報発信について
  33. SVCK交流会報告更新しました
  34. 自主防災組織立ち上げの為の研修会に参加
  35. 福島県金山町災害VC支援活動について
  36. 平成23年7月新潟・福島豪雨水害について
  37. 和泉市内の避難所開設について
  38. 7月のSVCKについて
  39. 青葉台の防災勉強会に参加
  40. 災害ボランティア・NPO活動サポート募金
  41. 4月のSVCK報告
  42. 支援物資受付概要と注意事項を作成しました
  43. 桃大とのチャリティイベントについて
  44. 救援物資支援ボランティアのSVCKシフトが決まりました
  45. 災害ボランティア情報、及びメルマガを発信しました
  46. SVCK臨時連絡-救援物資の受付支援
  47. 3月のSVCK報告
  48. SVCKメルマガの発信について
  49. 災害情報に関するアンケート調査協力依頼
  50. 平成22年度 SVCK活動報告
  51. 2月のSVCK報告
  52. 災害情報アップしました!
  53. 災害時の情報発信について
  54. 1月のSVCKについて
  55. ボラフェス、研修参加いろいろ更新しました
  56. 災害情報アップしました!
  57. SVCK臨時連絡
  58. 残暑見舞い申し上げます!
  59. 22年度SVCK交流会のお知らせ
  60. アンケート実施報告と結果
  61. 5月のSVCK報告
  62. 4月のSVCK報告
  63. 音楽を購入して被災者救援を!
  64. 21年度活動報告
  65. 1月のSVCK活動報告
  66. ハイチ地震関連-災害ボランティアのあり方
  67. 新年のごあいさつ(平成22年)
  68. 11月のSVCK報告
  69. 10月のSVCK報告
  70. 緑ヶ丘女性消防より「緑ヶ丘ふれあい防災フェスタ」企画へのアドバイス依頼
  71. 9月のSVCK報告
  72. 8月のSVCK連絡
  73. 市障連勉強会報告(7/26)
  74. おつかれさまでした!
  75. 21年度交流会のご案内
  76. 4月のSVCK報告
  77. 防災学習センター見学会のご案内
  78. SVCK2月の報告
  79. 謹んで新年のお喜びを申し上げます
  80. SVCK12月の連絡事項
  81. 第10回和泉ボランティアフェスティバル参加報告
  82. 10月のSVCK報告
  83. 8月のSVCK報告
  84. 交流会報告アップしました!
  85. 岩手・宮城内陸地震について更新しました
  86. 20年度交流会のご案内
  87. 3月のSVCK報告
  88. おつかれさまでした!
  89. 新年明けましておめでとうございます
  90. (仮称)和泉ボランティア協議会 第1回交流会開催のご案内
  91. 桃大ボランティアビューローとの協働モデル事業にいついて
  92. 第9回和泉ボランティアフェスティバルに参加します
  93. 10月のSVCk報告
  94. 9月のSVCK報告
  95. 最近の更新情報について
  96. 行政との話し合い(第1回)
  97. 8月のSVCK報告
  98. 赤い羽根共同募金会のホームページが新しくなりました
  99. ロジスティック能力が緊急援助の成否の鍵を握る
  100. 7月のSVCK報告
  101. 過去の災害の教訓を活かしたボランティア活動
  102. 百人収容可能なテントを設置
  103. 新潟県中越沖地震情報更新しました
  104. 交流会の準備中!
  105. 19年度予定
  106. 18年度のまとめ
  107. 阿倍野防災センターにて
  108. 新年のごあいさつとお知らせ
  109. 12月のSVCK報告
  110. ボランティアフェスティバルのお手伝い募集!
  111. SVCK紹介用冊子とパネル作成
  112. メーリングリスト参加メンバー募集中!
  113. 5月のSVCK活動報告
  114. 災害支援ボランティア活動登録スタート!
  115. 災害ボランティア研修に参加してきました
  116. 災害時に求められるボランティア活動
  117. はじめに...


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0